東京電力の値下げを期待して東京電力のまま。安定供給が何より大事。

現在東京電力ですが、電力自由化の後も東京電力から電気を買いたいと思っています。その理由は、電力自由化に伴い、東京電力も価格調整する必要が出てくると思うからです。今よりも安くなることが想定されます。それが東京電力に期待する部分でもあります。

東京電力を選ぶ理由は、やはり電気供給の安定性では信頼できるからです。新しい各社の場合、安さでは勝るかもしれませんが、供給の安定性については不透明さがあり、やはり切り替えるのに不安があります。電気の場合、その部分が一番重要に感じます。長年の経験がある東京電力であれば、災害時などでも比較的緊急対応ができるのではと感じるのです。

現在の一カ月の電気代はおおよそ8千円〜1万円ぐらいです。これが千円以上安くなると分かれば、他社への切り替えも検討したいと思えます。年間にして1万円以上節約できることになりますから、そのラインが嬉しい価格ラインと感じます。年間で数千円の差しかない場合は、このまま東京電力を続ける予定です。