イーレックスの電力小売り自由化への取り組み

イーレックスってどんな企業?

erex01

イーレックス株式会社は、電力事業を中核とした会社です。東京に本社を置いており、主な供給エリアは、工場へとなっています。電力の販売や買取も手掛けており、実績も十分に備わっています。例えば、東京地区含めた東北・中部・九州地区の市役所や学校への販売を行っています。

販売と買取の他に、発電所の運営も手掛けています。これにより、発電と供給を一元化できる利点が生まれます。そのため、意外と負担となる電気料金への相談もしやすく、他社と比較して、お客様に合わせた価格調整が可能となっています。

企業内部に監視員を配備しており、もしもの状況となっても即時対応できる体制となっています。

イーレックスの発電施設について

erex_02

イーレックス株式会社は、再生可能エネルギーへの取り組みに力を入れています。環境に配慮した発電所を使用しています。主に、コンバインドサイクル発電と呼ばれる方法を採用しています。天然ガスを燃料としたガスタービン発電と排熱を使用した蒸気タービン発電の二本柱構造です。

非常に、効率的に電力を発生できるため、主要電源として活用されています。2016年には、供給エリアも拡大して、一般家庭にも電力自由化が始まります。

それに対して、発電と供給が一体となっているイーレックス株式会社は、環境負荷の少ない発電と安定的な供給をアピールすることが出来ます。

イーレックスが力を入れている発電方法

erex_03

2013年には、バイオマス発電所が誕生しています。燃料にPKSを使用した新たな電源となっています。PKSとは、パール油を抽出した後のパール椰子を使用しており、温室ガスへの影響とされている二酸化酸素の排出が少ないことで注目されています。

石油と違い、量産も可能な燃料であるため、価格に左右されにくいことが挙げられます。イーレックス株式会社は現在、様々な燃料から電力を生み出す流動層ボイラーを使用した発電をしています。新たな取り組みとして、PKSを主体とした発電を製作しています。

イーレックス株式会社は、これからも環境へ配慮した電源供給事業を展開していくことでしょう。

コメントを残す