ソフトバンクの電力小売り自由化への取り組み

大手通信会社として有名なソフトバンク

sb_01

強豪な他社通信会社が軒並ぶ中、熾烈な顧客獲得争いに名乗りを挙げたのがソフトバンクでした。ADSL時代に積極的な戦略を敷いてパイを増やし、勢いを得たその後には携帯電話業種にも参加するなど、社長の推し進める事業は道を切り拓いてゆき、いつしか大きな道となりました。

ソフトバンクは現在も新たな境地へと挑戦を続けており、ロボット業界・教育業界にまで進出しています。ロボットは未来に必ず普及し、人類の役に立つ存在。教育もまた学生を未来に社会人として生まれさせ役に立つよう育てる存在です。

未来への投資を惜しまないソフトバンクはこれからも事業の確立と、新しい境地への開拓を継続していくでしょう。

ソフトバンクは売電事業も展開

sb_02

電力小売自由化とは、従来の電力会社が独占していた電力の市場を開放し、新しい電力会社から自由に電気を買うことができるようにした施策で、競争原理を働かせることにより、電気料金・サービスの質を良くしよう、という狙いがあります。

ソフトバンクはこの事業に参加することになり、法人に続き個人への売電事業の展開も予定しており、携帯電話や固定回線の支払いを一本化することによりポイント付与の特典、総合的な電気料金の節約が可能とされています。

供給エリアは東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアを目途に進めていますが、最終的に全国に展開することをゴールとしています。光回線の時と同様にして、供給エリアの拡大に伴い魅力的なキャンペーンが実施されることでしょう。

ソフトバンクの特徴はクリーンエネルギー

sb_03

 

ソフトバンクは売電事業に参入するのに伴い、電源供給のための発電所の確保に乗り出しています。クリーンエネルギーとしてメガソーラー・風力発電を採用しており、太陽光発電は未だ発展途上の技術であるため、日本の各地域・気候条件に適した太陽光パネルを提供できるように、試験事業も展開しています。

各家庭・法人へ電気を供給する電源となる発電所は現在も日本各地でタケノコのように建設されていますが、クリーンエネルギーの確保・発展への貢献はソフトバンクが今、一歩先に進んでいるのではないでしょうか。

太陽光パネルは未来、宇宙進出する際に必要になる発電装置です。未来への投資のため、ソフトバンクはリスクを背負って先駆けとなろうとしています。

コメントを残す