安定供給が第一。東京電力から切り替える予定はナシ。

電力自由化に伴い、色々な会社が出てきて悩みますが、私は今まで通り東京電力にしようと思っています。

やはり電力というのは重要インフラですので、よくわからない会社にするのは不安が大きいですね。もし何かあったときに不具合が出たのでは生活に大きな支障を生じてしまうからです。

不安をなくすためには一つ一つの会社をよく吟味すれば良いかとも思いますが、なにしろ参入する会社の数が多すぎますね。新電力を全部検討するというのは骨が折れますので、結局今まで特に何か支障があるわけではないので東京電力のままで良いのかなと思います。

今現在私が支払っている電気代は月約1万円程度なのですが、原発停止による影響で電気は値上がったまま。希望としては消費税増税分くらいは下がって欲しいと思いますね。

東京電力でも一定使用量まで定額で、それ以上は今までより得になるキャンペーンなども始めているようなので、電気料金の節約になるのか期待しています。

電力会社の比較検討がとにかく面倒、東京電力のまま

関東地方に在住しておりますので、選択肢はとても多いと思いますが、結局のところ、東京電力から電力を購入したいです。つまり、これまでと同じです。

まず、電力会社の比較検討や切り替えの申し込み手続き、契約手続きなどの手間が一切ないというのはメリットかなと。。あまり余計なことを考えたくないと思っています。それほど比較しているわけではないのですが、変えなくてもそのまま使えていることに十分満足しているので変えなくてもいいなら変えたくないです。

それと、選べる選択肢は多いというのは、逆効果でもあって、選ぶために調べるという動作をする必要が出てきて、あまりにも多いと、調べる気にもなれません。電気料金がものすごく安くなって、今の質と変わらないなら変えると思いますが、いろいろな会社があって、セットでの割引などを見ていると、ほかにも手続きしたりする必要があるのだろうかとか、考えるだけで面倒なので変えません。

会社を切り替えれば、明らかに安くなるし、サービスも良くなるのであれば、変えることも検討しますが、現状に不満はないので、変えずにいきます。